?

Shortcut

PrevPrev Article

NextNext Article

Larger Font Smaller Font Up Down Go comment Print Attachment
$user_lang->userLang20180624192703089

SEOに強い仕組み

by TheVOS posted Nov 01, 2018 Views 5 Likes 0 Replies 0
?

Shortcut

PrevPrev Article

NextNext Article

Larger Font Smaller Font Up Down Go comment Print Attachment
Extra Form

YahooやGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されることは、ユーザーにホームページを見てもらうために非常に重要です。
上位に表示されればされるほど、ホームページへの訪問者も増加し、成果につながります。
ユーザーが何かの解決策を求め、情報収集する場合、検索エンジンを利用することが一般的なので、検索エンジン対策=SEO対策を行うことが必須となっています。

Q.SEO(Search Engine Optimization =検索エンジン最適化)とは何ですか?

A.Yahoo!やGoogle、Bingなどの検索エンジンであるキーワードを検索したときに、ホームページを上位に表示させるように対策を行うことです。


img_seo01.jpg

Q.検索エンジンに表示される順位はどのように決まっているのですか?

A.Yahoo!やGoogle、Bingなどの検索エンジンは、独自のコンピュータ巡回ロボットを利用して、世界中のホームページの情報を収集し、それぞれに評価を行っています。

評価の基準は明確にはされていませんが、一般的に大きく分けて

  • 「内部対策」=ホームページの内部の質が良いか(コンテンツの質は高いか、情報量は多いか、整った構造になっているか、等)
  • 「外部対策」=他のホームページから高い評価を得ているか(他のホームページからリンクは張られているか、特に評価の高いホームページからリンクが張られていると評価が高まりやすい)

という2つの視点で評価を行っている、といわれています。

内部対策とは

  • 理想的なサイト内文字数
    サイト内の文字数は、少なすぎると「伝える事の少ないサイト」と判断され、逆に、文字数が多すぎる場合は「情報が整理できていないサイト」と判断され、どちらもユーザービリティが低いサイトと判断される可能性があります。
    そこで、サイト内の文字数は理想値とされる1,500文字を目指し、800~2,500文字で収めるよう構成しましょう。
  • 理想的なサイト内のキーワード比率
    サイト内の文字数に対して、対策キーワードがサイト内で占める理想的な比率は2~8%とされています。
    その範囲内で高い水準となる、7~8%を目指しサイトを構成しましょう。

    ▼サイト内のSEO対策キーワード数とキーワード比率をツールでチェックしましょう。
    「FerretPLUS」:http://ferret-plus.com/
    ※このサイトでは、理想文字数を「600~1,500文字」理想キーワード比率を「3~8%」と定義しています。

  • 対策するキーワードと関連性のあるキーワードをたくさん盛り込む
    Googleのアルゴリズム更新である、通称「ハミングバード」が行われてから、関連性の高いキーワードがページ内に含まれている重要性が大変高くなりました。
    逆に関連性の無いキーワードが多くなると、評価を下げてしまう可能性があります。
    また、関連キーワードは、SEO対策キーワードと違い、多すぎることで評価を下げることはありません。
  • キーワードをサイト全体に散りばめる
    SEO対策キーワードや関連キーワードをサイト全体に散りばめ、サイトを構築します。
    散りばめる場所は、【サイト内のコンテンツ・文章の上部、中部、下部】とキーワードを散りばめ構成しましょう。

外部対策とは

他のページからのリンクを集める施策です。
そのページが「どれだけ他のページからリンクされているか=評価されているか」という検索エンジンからの評価を高めることができます。
他の多くのページからリンクを張られる、ということはそのページに有益な情報が多いからだ、と判断されるためです。
無料で行える施策としては、以下のようなものがあります。

  • 他のページの所有者に、リンクを張ってもらえるようお願いする
  • 登録型の検索エンジンなどに登録する
  • 地域情報サイトなどに登録する

また、有料の施策とはなりますが、

  • Yahoo!ビジネスエクスプレスに登録する
  • 大量のサイトからのリンクを購入するという方法もあります。
    こちらは別途料金のかかるものとなりますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。

Q.SEO対策の効果はどのくらいで出てきますか?

A.まず新しいホームページが検索エンジンに存在を「認識」されるまでに時間がかかります。
期間は早くて3日~遅い場合には2ヶ月程度かかるといわれています。
社名などの固有名詞は比較的効果が現れやすく、検索した際に上位に表示されやすくなっています。一方、一般的なキーワードでは、SEO対策の効果が現れるまでには時間がかかることが多く、長期的な対策を行っていくことが必要です。
そのため、ころころと対策キーワードを変えてしまうと効果がなかなか上がってきません。
一度決めた「SEO対策キーワード」は、しばらく変更しないほうが良いでしょう。

TMS(Total Management Service)が提供するSEO対策

1.お客様ごとに、最も重視すべき「SEO対策キーワード」を選定
お客様のビジネスは、ホームページは、どのようなキーワードでSEO対策すべきかを、検索数や競合などのバランスを考え、「SEO対策キーワード」として選定します。
選定したSEO対策キーワードを意識しながら、お客様にはホームページの内容を書いていただきます。1ページの内容の中に「SEO対策キーワード」を数回入れていくように意識していただきます。

2.SEO内部対策(タグの設定)
ホームページ内の題名に当たる「title」、見出しに当たる「h1」などの「タグ」に、上記の「SEO対策キーワード」を入れます。

3.納品後のSEO強化ノウハウの提供
納品後にお客様が行っていくべきSEOの内部対策、外部対策のノウハウをご提供いたします。

また、TMS(Total Management Service)は、XE(Xpress Engine)という、高機能なCMS(コンテンツマネージメントシステム)オープンソース・ソフトウェアを改良し、活用しています。
このXEは、世界最大シェアの高品質のCMSで、SEO対策にも優れています。
加えて、当社でSEOに強いデザインテンプレートを構築し、サービス提供しています。
さらに、お客様のホームページが検索エンジンで上位表示されるように、ホームページの作成段階と納品後に必要なSEO対策をしっかりとご提供しています。

TAG •
?

  1. 02May

    ホームページ無料制作 TMS(Total Management Service)

    Date2018.05.02 Category$user_lang->userLang20180624192323060 ByTheVOS Reply0 Views134 file
    Read More
  2. 01Nov

    主なサービス概要&価格

    Date2018.11.01 Category$user_lang->userLang20180624192703089 ByTheVOS Reply0 Views8 file
    Read More
  3. 01Nov

    SEOに強い仕組み

    Date2018.11.01 Category$user_lang->userLang20180624192703089 ByTheVOS Reply0 Views5 file
    Read More
  4. 23Nov

    WEBサイト制作の流れ

    Date2018.11.23 Category$user_lang->userLang20180624192830021 ByTheVOS Reply0 Views2 file
    Read More
  5. TMS(Total Management Service) 종합관리서비스 내용안내 29Nov

    TMS(Total Management Service) 종합관리서비스 내용안내

    Date2018.11.29 Category$user_lang->userLang20180624192323060 ByTheVOS Reply0 Views1 secret
    Read More
  6. 22Dec

    구글 G Suit(구 Google Apps) 연동 서비스

    Date2018.12.22 Category$user_lang->userLang20181222202232074 ByTheVOS Reply0 Views3 file
    Read More
List
Board Pagination Prev 1 Next
/ 1