IT関連ニュース

「DreamBot(ドリームボット)」ウィルス感染による不正送金被害にご注意ください。

by TheVOS posted Mar 27, 2018 Views 39 Likes 0 Replies 0
?

Shortcut

Prev前へ 書き込み

Next次へ 書き込み

ESC閉じる

Larger Font Smaller Font 上へ 下へ Go comment 印刷
最近、 「DreamBot(ドリームボット)」ウィルスに感染したパソコン等によるインターネットバンキングの不正送金被害 が全国的に広がっています。

このウィルスに感染すると、お客様がインターネットバンキングにログインする際に、正規の画面と全く区別がつかない巧妙な偽画面を表示して、ログインIDやログインパスワード、ワンタイムパスワードを入力させて詐取し、犯人が別のパソコンから不正にログインをおこない不正送金がおこなわれます。

ログイン画面や振込画面等で正しくログインパスワードやワンタイムパスワードを入力したにも関わらず、「入力内容に誤りがあるので、ご確認のうえ再度入力してください」等のエラー画面が何回も繰り返し表示される場合は、このウィルスに感染している可能性があります。

このような現象が発生した場合はパソコン操作をやめて、下記のフリーダイヤルまで至急ご連絡をお願いいたします。

尚、参考情報として、「日本サイバー犯罪対策センター」では「DreamBot(ドリームボット)」の感染チェックができるサイトを試験公開中ですので、ご不安な場合はこちらをご利用ください。

【参考情報】
 一般財団法人「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」では、不正送金被害につながる「DreamBot(ドリームボット)」等への感染状況を確認するためのウェブサイトを試験運用しています。(感染している場合は、ウィルス駆除等の対策をお客様でおこなってください)

◆日本サイバー犯罪対策センター DreamBot・Gozi感染チェックサイト(試験運用中)

■DreamBot・Gozi感染チェックサイトの画面イメージ■

DreamBot感染チェックサイト画面イメージ

?